お前は誰だ、俺の中の俺

自作絵アイコンについて

アイデンティティって、言うじゃないですか

ID、識別子、ですよね

TwitterではIDよりアイコンで顔だと認識する人も多い

そんな中、他人と同じ、まったく同じ画像だと区別つきませんよね

じゃあどうするか

自作絵ですよね

自分で描いた絵なんだから、他人の絵を見てうつした真似っこじゃないから

世界でたった一つだけのオリジナリティになるじゃないですか

上手とか下手とか関係ないんですよ

あんたがあんたであることを示すための一番良い手段なんですよ

いわゆるアニメアイコンについて

「○○は俺の嫁」よく言いますわね

で、じゃあまあ例えば実際俺の嫁である艦これの由良さんについて考えてみようか

由良さんの絵を俺のアイコンにするとする

Twitterで俺の書いている文章は、みんな由良さんが言っていることになる

由良さん「クソどもうぜえ、みんなくたばれ。オタクもリア充も皆等しく塵に還れ」

↑こんな発言見たいか?見たくないだろ。キャラ崩壊も程々にしとけや

で、そういうのが気にならん人もいるだろう

じゃあこうだ

原作ではめっちゃ甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる、おかあさんみたいな気質の女性キャラがいるとする

その顔をした(アイコンを設定した)人がついったーで香ばしい政治の話をひたすらしているとする

そのキャラクターのことを知らない人は、その嫌な奴イコールそのキャラクターだと思うだろう

作品を知る前からマイナスイメージがついてしまう

これは作品のファンなら絶対に避けたいことではないだろうか

自分が好きな作品が嫌われるようなふるまいをしたいファンというのは基本的にいないはずだ

そういう特殊な性的嗜好でなければ

上記から、だから自分が好きなアニメを広めたいのであれば、なりきりアカウントをやるなどして「そのキャラクターと一体化している感覚」を得て、政治の話や罵声は別のアカウントでやったらええんちゃうの?と俺は思う。