インターネット先住民族モヒカン族にとって、blogを書くということは「Web日記」であり、それが偶然面白く収益につながっているに過ぎないのでは?

まず前提条件としての自己紹介ですが

まあ自分はいわゆるアイティー系会社員なわけですが

糞みたいな上司の糞みたいな指令にへーこらしながら安月給でなんとか暮らしてるわけですが

仕事の内容そのものは好きなんですよ

効率化大好きなんで

自分そのものが好きと言われるより自分の生み出した作品に感謝されるのが何よりも嬉しい

で、趣味としてのWeb日記の話ですよ

blogでおかねもうけ?ウケルー いったい誰が素人の乱文に生活できるだけのおカネなんてくれるのかしらー

楽天やアマゾンで売られてる商品を一生懸命宣伝して、それで一日8時間労働してもらうことのできるおちんぎんを凌駕するまでに、一体どれだけの時間と労力が必要なんですかね?

むりでしょ。

割に合わないっすよ。

そもそもはてなブログって、はてなダイアリー、さらにその前にはハイパー日記システム、だとかのいわゆるめっちゃ古いcgiによる、いや、blogという名前が生まれる前の時代からあるやつなんですよね

んで自分は学生時代にはてなアンテナが便利だったから使いはじめた

この程度の自分が古参を気取るのはちゃんちゃらおかしいんですが

まあはてなダイアリーというのはユーザー同士がつながり、文章を書くことで面白いことをしてやろう!という気概で生まれたんですよ*1

で、はてなダイアリークラブとかあって。

そこで当時女子高生だった人とか、当時女子大生だった人とかとWeb上だけの友達になり交換日記というかテーマに沿った小説を書いたりしたんですね(思い出話・自慢)

まあ当時からたくさん本を読んでおり小説が大好きだったワシはとあるSFCJRPGを題材にした小説を上梓しそれがきっかけて食い付いてきたちょっと頭のおかしな女と色々あって…(自慢)

というような風に。はてなダイアリーというのは「文章を書く人をつなげる」サービスで。はてなブログになっても、それは全然変わっていない。

はてなブックマークしか知らない愚かなイナゴの皆さんは知らんだろうけど。

文章を書くと女にモテるんだぞ。(ここ重要、テストに出ます)

で、俺はなぜ日記を書くのか。

それは、書きたいから。書くのが楽しいから。

自分の思考を的確に文章化し、相手に的確に伝わったと感じる瞬間に達成感がある。

この達成感にはおカネとかいらない。だって、気持ちいいから。

気持ちいいオナニーするのに、おカネもらう必要ある?そりゃ、もらえたら嬉しいけどさ。

「こういうオナニーをしてくれたら、おかねあげます。でも、それ以外はやらないで!」

そんなこと言われて従います?俺は従いません。唾を吐きかけます。

「趣味を業としなければならない」という呪い

楽しいから書いてる日記、楽しいから演奏している楽器、楽しいからやってる作曲。

これらを業としてやる必要あるかしら。

俺はシステムエンジニアとして十分食っていける腕がある。

そしておそらく楽器演奏でおかねもらうのもできるでしょう。

たぶん文章でおかねもらうのもできるでしょう。

でも今はシステムエンジニアとして食っていけるし。ぶろぐで我慢して客ウケのいい記事「だけ」書くなんてことしたくないも~ん。

だから俺は趣味としてぶろぐを毎日好きなように書きますよ。マネタイズ?めんどくさいもん。

で、じゃあ儲かっている人達って?

そもそもblogがおもしろくて、それを業とできるくらい儲かっている人なんているんですか?

いるとしても、それは本業が「ネット芸人である」とかで、いわゆる芸能活動をすることによるインカムが主体なんじゃないですか?

本当にブログだけでめっちゃ儲かってるんでしょうか。いや、儲かってないでしょ。

世界にblogどんだけあるんですか。そして、たくさんある娯楽のうちから、いったいどれだけの人がyoutubeや、ニコ動、ニンジャスレイヤー、ハンドスピナー等の競合から、あなたのブログを選択して広告クリックしてくれるんでしょうか。

むりでしょ。

だから「ブログが儲かる」という目標自体がたぶん無謀なんだと思う。

だから好きな面白いことを紹介する趣味のblogでいいんじゃないかなあ。

 

*1:多分な