世界にRSSリーダーというものがまだ無かったころからWeb日記をずーっと書いてますが

はい。しびるべいんです。

実は過去がたくさんあります。

アカウント何回消したか?覚えてません。昔の名前で呼ばないでください。*1

で、何が言いたいかというと、客に媚びる文章なんて書こうと思えばいくらでも書ける、ということです。

だって、システムエンジニアなので。

提案書や仕様書、納品物を「わかりやすく」書くことが仕事なので。

これって天職なんじゃないかと思います。

自分はものごとをわかりやすく説明することに達成感があります。たぶん、先生とか塾講師も向いてるんでしょうね。

そして、論理的で道理の通ったものごとが好きです。

はい、プログラミングに向いてますね。

で、何の話でしたっけ。ああ、文章を書くってことですよね。

客に向けた文章なんて、毎日仕事で書いてますよ。

書こうと思ったらいくらでも書けるし、ネタもいくらでもあります。

「6時間しゃべり続けてください」と言われたら楽勝で達成できます。

そんくらい引き出しがあります。

でも、ブログで食う気なんてありません。だって、つまらないもん。

糞みたいな通勤電車に揉まれて出社して、同僚や後輩とジョークを飛ばしあい、気に入らない糞顧客のご機嫌を取りながら、住居の近くにはない旨い店に行く。

この生活、悪くないんですよ。

サラリーマンとしてのスタイルが完成した、っつーかね。

ネオニートとして鼻くそほじりながら「働いたら負け」のシャツを着て株価の値動きをトレースしたり、ブログの来客数をモニター?

したくないですね。だって、見るからに暇でつまらなそうだもん。

自分にとっての天職はシステムエンジニアだと確信するに至ったよ。ニートしたことあるよ。引きこもりだったこともあるよ。もちろんな。

でも俺は会社員というシステムに適合した。バグスターウイルスを克服し、社員ライダーシビルベインへの変身能力を獲得した。

だからぶろぐでおかねを稼ぐ必要もない。

「おカネを稼がなくてはならない」これは本当だろうか?

資産を保有して、その運用で食っていけるようになったような人が、俺みたいに会社にぶら下がっておちんぎんで食わないといけない人と違う人が、わざわざぶろぐを収益化しないといけないんでしょうか?

しなくていいんじゃないかなー。

*1:こらそこ!だめ!だめだったら!