「自分はすごい人だ」とアピるのは嫌味で「意識高い系」に聞こえるから、読む気がなくなるのでそういう風に見せないほうが俺は好き

俺にはそう聞こえる。

じゃあどうすべきか?

「自分の興味の対象」を上げる(ヨイショする)。

自分自身なんて上げない。上げる必要がないから。

なぜか?

俺はすでにすごいから。俺にとって、俺がすごいのは当たり前だから、わざわざ持ち上げる必要なんてない。

この文章を書くことができるのは俺だけだし、俺の代わりができる人は一人もいないことが実感としてわかっているので。

だから注目を集めるようなタイトルを付ける必要はないし、「嫌われる勇気」を発揮して意識高いアピールをする必要もない。

俺がこの日記を通じて伝えたいことは

  • 俺が見聞きした文化について、俺のすごい力を使って、誰にもでわかるように、的確に説明し、魅力を伝えたい

ということですので。

俺自身の人格なんてどうでもいいんですよ。

俺自身のことを知ってもらう必要はないし、尊敬してもらう必要もない。

俺が欲しているのは、たとえば、エレキギターを演奏するということで悟りの境地に入れるよ、とか、アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ(デレステ)の荒木比奈はかわいいよ、とか、仮面ライダーエグゼイドは最初どうなることかと心配したけどいまとても面白くなってきたよとか

そういうことなんですよ

だから「こういう事をしているぼくえらいでしょ!かっこいいでしょ!さあ褒めろ!!!!」みたいなのは気に触る

のでした。

言動に行動と実績が伴っていないのに口だけでかいのがワナビ意識高い系の特徴

たとえばメンタリストDaiGoの本に「わたしは一日20冊の本を読み、それ以外に仕事もした上で8時間の睡眠をとっています」という一文がある

これは素直にすごいと思う

ダイゴ氏は芸能活動(?)やメンタリストとしての活動(?)のほかに、その本を書くための著述活動を「明らかに」やっている。その上で「一日に本を20冊」、苦行ではなく楽しみとして、ルーチンのタスクとしてこなしているわけだ。

これは具体的にすごさがわかる。そもそもダイゴ氏という人物がよく知られており、売れっ子であることが周知の事実であるから、この書き方が許されるわけだ。

しかし、そのへんのどこの誰だかわからない、すべてが自称の肩書きの人物が、顔面も晒さずに「おれは一日に本を20冊読んでいる。(キリッ)」とか言ったところで

「はぁ?どうせ他のすべてを犠牲にして達成した凡人のしょっぱい自慢だろ?だっせ」

としか思えない

「俺さー実はリアルモンクなんだよねー絡んできた酔っ払いをワンパンしたことあるしマジつえーわー」

みたいなイキリオタクと何が違うんでしょうか

「昔は悪かった」みたいな武勇伝っぽくないですか?

日本人の特徴なのかどうかは外国人をよく知らないからわからんが、イキっている口だけの奴が嫌われるのは周知の事実だと思う。

嘘をつき続ければ本当になる、というのはまあ本当だと思うが、イキる前にやる事あるんじゃね?といつも思うんだよなー。こういうの見ると。